パソコン使用時間が多い人はドライアイに注意!ドライアイ(目の乾き)の予防と対策

パソコンなどで仕事をしていると、瞬きの回数が通常時の4分の1から5分の1程度まで激減すると言われています。ただでさえ、目が疲れやすいモニター画面を凝視しながら、細かい作業を行うので、目にはかなり負担がかかっていることになります。

そんなときに起こりやすいと言われているドライアイについて解説します。

ドライアイの症状

人間の目は涙で覆われることで守られています。
しかし、その涙が何らかの原因で乾いてしまうことで、ドライアイの症状が出てきます。
ドライアイの症状としては次のような症状があげられます。

  • 目が乾いた感じがする
  • 目が疲れる
  • 目が痛い
  • 白目が充血する
  • 目が痙攣する
  • 理由もないのに涙が出てしまう
  • 10秒以上目を開けることが出来ない

涙の量が減少すると、酸素や栄養分が角膜に行き渡らなかったり、目に入った異物を取り除くことができなくなり殺菌作用が低下し、角膜や結膜に影響が出ることがあります。

ドライアイの原因

ドライアイは、目を守る働きをしている涙の量が減少することによって起こりやすくなります。
涙の量が減少する原因としては、次のようなものが考えられます。

目の酷使

パソコンやスマホなどの携帯端末で作業をしたり、読書や長時間の運転などで目を酷使すると、瞬きの回数が減り、ストレスなどによって、涙の量が減少します。

乾燥

作業する部屋の湿度が乾燥していると涙が分泌されても、目の表面から涙が気化して目が乾燥しやすくなります。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを装着するということは、言ってみれば目に異物を入れていることと同じです。
瞬きがしにくくなるため、目が乾燥しやすくなってしまいます。

ドライアイの人だと、コンタクトレンズを付けることで症状が悪化し、角膜などに障害が出ることもありますので、ドライアイが疑われる人はコンタクトレンズは避けたほうがいいでしょう。

加齢

年齢とともに涙の量が減少していきます。

濃いアイメイク

目の周辺に濃い化粧をしてしまうと、まぶたの内側にあり、涙が蒸発しないように油を出すマイボーム腺という腺がふさがれてしまい、目が乾燥する原因になります。

その他

アレルギー性結膜炎や、目が大きいということがドライアイの原因となることもあります。

ドライアイの対策法

ドライアイにならないための対策方法を紹介します。

目を休める

遠くを見たり、目を意識的に動かすことで目の緊張をほぐしましょう。
蒸しタオルで目の周囲を温めたり、マッサージなども効果があります。
寝不足などの生活習慣の乱れやストレスから涙の分泌量が減ることもあります。
意識的に瞬きの回数を増やしたり、生活習慣を見直すことで改善することもあります。

部屋の湿度を保つ

部屋の湿度が乾燥していると、ドライアイになるリスクが高くなるので、湿度が低いときなどは加湿器などを使って部屋の湿度をやや高めに設定しましょう。

コンタクトレンズは正しく利用する

コンタクトレンズは目に直接触れるものです。正しい使い方をしないと目が病気になったり、ドライアイを起こしやすくなります。ドライアイの症状が現れ始めたら、コンタクト専用の点眼薬で補液しましょう。

また、使い捨ての場合は使用期限をしっかり守るようにしましょう。

目薬を使用する

ドライアイの症状がひどいときには、ドライアイ専用の目薬の利用も効果的です。
ただし、目薬も薬なので、差しすぎなど習慣化しないようにしましょう。

アイメイクは軽めに

目を大きく見せるため、まぶたにも化粧を施すようなアイメイクは、まぶたの内側にあるマイボーム腺をふさぎ、涙の乾燥を抑える働きをする油分が分泌されないことがあります。

油分が分泌されないと、涙が目の表面で気化してしまい、ドライアイになってしまうのでメイクは軽めにするか、しっかりとメイクした後はしっかりと落とすようにしましょう。

食事や栄養

目にいいとされているビタミンAや血液をさらさらにしたり、いろんな効果を発揮するビタミンBを多く含む食事に心がけましょう。

また、アントシアニンやルテインなどを多く含む食品は目の健康に非常に良いとされています。
これらは通常の食事からはなかなか適正量を摂取することは難しいので、サプリメントなどで補うのがおすすめです。

また、ストレスの多い不規則な生活は体だけでなく、目にもよくありません。
眼に優しい、健康的で規則正しい生活を送るように心がけてください。

症状が軽い場合は対策法で自然と治まることもありますが、対策をとっても症状がなかなか治らなかったり、症状がひどい場合には、目の表面に傷がついているなど他の原因も考えられるので、病院に受診することをおすすめします。

PAGE TOP