パソコンやスマホで目が疲れやすい人の特徴

パソコンやスマホを同じように同じ時間作業をしていても、すぐに目の疲れを感じてしまう人もいれば、なかなか目の疲れを感じない人もいます。

その違いはどこにあるのか?
目が疲れやすい人、疲れにくい人の特徴を見ていきましょう。

目が疲れやすいのはどんな人?

近視・遠視・乱視・斜視など見え方に異常がある方

このような見え方に異常のある人は、物をハッキリ見ようとして、レンズの役割りをする水晶体の厚さを調整する筋肉(毛様態)が緊張し、目が疲れやすくなります。

ドライアイ、白内障や緑内障など目に疾患のある方

病気の症状の一つとして疲れ目症状が現れることがあります。

生活習慣が乱れている方

睡眠不足や偏食は疲れ目の直接の原因とも言われています。
思い当たる節のある方は健康的な生活習慣を心がけてください。

繊細でデリケートな方(メンタル的が弱い方)

精神面が弱く、ストレスを抱え込んだり、吐き出すことの出来ない人はストレスが原因の目の疲れを起こしやすいと言われています。
うまくストレスを発散できるようにスポーツなど趣味を持ったり、適度に体を動かす週間を付けると効果的です。

パソコンやスマートフォン、ゲームなどの画面を見る時間の長い方

近年パソコンやスマートフォンなどの普及により、老若男女問わず多くの方がパソコンに向かう時間が増えています。また、携帯型のゲーム機なども普及しており、どこにいても液晶画面を見る機会が増えました。

パソコンやスマートフォンの画面を見ているとき、人は瞬きの回数が通常の5分の1程に減ると言われています。目を守る涙の分泌が減り、ただでさえ疲れやすくなっている目に、液晶画面から発せられるブルーライトの刺激が加わり、目は極度に疲れやすい状態になってしまいます

パソコンを使って仕事をしなければならない人は、

  • 画面を目線より下にする
  • 作業環境を適度な明るさにする
  • 画面に直接光が当たらないようにする

などの作業環境に気を使い、適度に休憩を取り目を休めるようにしましょう。

ゲームや携帯端末を操作するときも時間を決めて、長く見続けないようにすることが大切です。
また、作業中は意識的に瞬きをするようにするのも効果的です。

PAGE TOP