疲れ目と眼精疲労は違うのか?原因と予防と対策について

一日ゆっくり休んだだけで取れる目の疲れと違い、慢性的に症状が取れず、目以外にも症状が現れる場合のことを、医学では単なる疲れ目とは分けて考え、「眼精疲労」と呼びます。

眼精疲労の症状

眼精疲労は、目だけに症状が現れる疲れ目とは異なり、目や体、精神面にも影響を及ぼします。

目に現れる症状

目の疲れ、物がぼやけたりかすんだりして見える、ちょっとした光もまぶしく感じる、なぜか涙が出る、目の痛み、充血、目がしょぼしょぼする、目が重たく感じるなどの症状が見られます。

身体に現れる症状

頭痛、肩凝り、首や肩の痛み、倦怠感、めまい、胃部不快感、吐き気、嘔吐などが見られることがあります。

精神面に現れる症状

不安感、焦燥感、イライラ、軽いうつ状態になることもあります。

症状は酷くなる程治りにくくなるので、おかしいと感じたら早めに眼科の受診をおすすめします。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因とされるものは色々あります。

目の酷使

テレビの画面やパソコン、携帯端末からは、目に刺激の強いブルーライトが発せられています。
パソコン作業(VDT作業)を行う方などは、こういったモニター画面を長時間見続けることで、目が疲れるだけでなく、ブルーライトで角膜が影響を受けやすくなり、眼精疲労の原因となることがあります。

ブルーライトを発している機器の長時間の使用だけでなく、薄暗い場所で本を読んだり、細かい文字を書く作業をしたりすることでも目を酷使することになるので要注意です。

目の病気

VDT作業などで長時間液晶画面を見続けていると、瞬きの回数が極端に減り、ドライアイになりやすいことが報告されています。
このドライアイの随伴症状の一つに眼精疲労があります。

また、近視や乱視、老眼などで、見え方に異常が起こると、物が見えにくくなり、物を見るために目を凝らしたり、姿勢を変えたりすることがあります。その結果、目が疲れたり、肩や首の筋肉が凝ったり痛くなったりすることがあります。

更に、緑内障や白内障、両目の視線が外側にずれてしまう「間欠性斜視」でも眼精疲労が症状として現れることがあります。

精神的なストレス

ストレスと目は関係がないと思われがちですが、ストレスから自律神経のバランスが崩れると、高血圧や胃潰瘍などの病気を引き起こす可能性が高いのと同じ様に、ストレスが原因で眼精疲労が起こすことがあります。

眼精疲労の予防と対策

目を使いすぎに気をつけましょう

パソコンやテレビ、携帯端末、ゲームなどの画面はなるべく長時間に渡り見続けないようにしましょう。長時間使用する際は途中で何分か休憩を入れるようにすると良いでしょう。
VDT作業のガイドラインを参考にしてみると良いですよ。

薄暗い部屋などで本を読んだり、細かい作業をするのも目にはよくありません。手元は明るく保ちましょう。
休憩中には、好きな音楽などを聴いたりして気分をリラックスさせたり、遠くのものと近くのものを交互に見る目のトレーニングを行ってみると良いでしょう。

また、目を温かいおしぼりなどで温めて、目の周辺の血行を良くすることも効果があります。
温かいおしぼりを使った疲れ目解消法

作業環境を整えましょう

パソコンの周辺やパソコンの明るさは目にあっていますか?
画面が目線より上にあると、上目遣いで作業することになり、目が疲れやすくなるので、画面は目線より若干下に設置しましょう。

目とパソコン画面の距離は40センチ以上は離しましょう。
正しい姿勢で目疲れ対策!VDT症候群を予防するパソコン作業時の姿勢

また、目が乾燥するとドライアイを発症しやすくなるため、部屋は湿度を適切に調節し、作業中は意識的に瞬きをするようにしましょう。
疲れ目対策に最適なパソコン作業(VDT作業)環境

眼鏡やコンタクトレンズ

度が合っていないメガネやコンタクトレンズの使用は目の疲れを招き、眼精疲労の原因になりやすいので、見えづらいと感じたときなどは定期的に調整するようにしましょう。

特にコンタクトレンズはドライアイを引起しやすいので、コンタクトレンズ専用の点眼薬などを上手に利用してドライアイを防ぎましょう。

パソコンなど、ブルーライトを発する画面を見ながら作業する人は、ブルーライトカットレンズが効果的です。眼鏡屋をはじめ、家電量販店など様々ところで販売されているのでチェックしてみてください。ネットでも簡単に購入できます。
ブルーライトカットレンズ・サングラス・普通のメガネのパソコンによる疲れ目対策効果について

最後に、目の病気が眼精疲労の原因になっている場合もあります。
眼精疲労の症状がサインになっていることも考えられますので、おかしいと感じたら眼科に受診してみることをお勧めします。

PAGE TOP