目が疲れにくい・目に優しい液晶モニターについて

パソコンの液晶画面の中心角になりつつあるLEDバックライト。
実はこのLEDバックライトを使用した液晶画面が普及してから、画面のちらつきや、ちらつきによる目の疲れを訴える人が急増しています。

LEDバックライトを使用しているモニターでは、通常PWM方式という光を調整する方式を採用しています。設計が簡単で大量生産が可能というのが主な理由ですが、このPWM方式の調光の特徴は、暗いところでも画面が明るくなるように、光を高速点滅させ明るさを調整している点です。

この高速点滅が、画面のちらつきとなって現れ、目が疲れるという人が増えてきたことから、電流の流れる量で明るさを調整するDC調光方式を採用したモニター画面が出てきました。

このモニター画面は、ちらつきが起こらないため、目が疲れにくいのが特徴です。
しかし、回路が複雑な為、大量生産には向いていません。

近年は、この二つの方式を両方取り入れて、目が疲れないように照度を調整できるパソコンなども増えてきています。

ノングレア加工のモニターを選ぶ

液晶画面の表面の加工法について注目してみましょう。
液晶画面には、テカテカの「グレア」と、テカテカではない「ノングレア」という二つの加工法があります。

テレビなどに主に使われている液晶画面は、動画などがきれいに見える「グレア」を使用しています。
しかし、この、グレアモニターは、周囲からの光を反射してしまい、画面に光が入り込んでしまうため、見えにくくなってしまうことがあります。

ノングレアモニターは、適度に周囲の光を分散し、画面に光が入り込まないため、目に優しく、パソコンで作業などをする場合はノングレアのモニターが向いています

一時期は、ノングレアの画面は動画には弱いという性質がありましたが、近年は技術も進み、動画でも大差はなくなってきていますので目の健康を考える場合はノングレアを選択しましょう。

液晶画面の品質について

液晶パネルの種類は主にTNパネル、VAパネル、IPSパネルに分類されます。
この中で一番目に優しいといわれるのは視野角が広い上、画面の隅々まで鮮明に見える構造であるIPSパネルです。

他の画面のように、画面の端にいくにつれて見えにくくなってしまうパネルに比べて目が疲れにくいという利点があります。また、画面を見る角度が変わっても、色味などが変わらないのも目に優しい理由です。

つまり、IPSパネルを搭載したノングレアタイプのモニターで、目が疲れないように輝度や照度を細かく設定できるモニターが目に優しいモニターであると言えます。

PAGE TOP