放っておくと怖いVDT症候群の主な症状について

パソコンによる目疲れ長時間パソコンやスマホを使っていることで、目がしょぼしょぼしたり、目の奥が痛くなったりという経験はありませんか?

この症状こそが「VDT症候群」です。

正確に言えば、ゲームや趣味などでパソコンやスマホ、携帯端末などを使用し、目が疲れた場合は、しばらく目を休めれば落ち着いてきます。

しかし、仕事などの作業でパソコン画面を見続けている場合、仕事が休みの日以外は常にパソコンの画面と向き合っていなければいけません。目の疲れが落ち着かないうちに再びパソコン画面と向き合わなくてはいけないため、目の疲れは蓄積していき、体や精神面にも影響が出てくることになります。

VDT症候群の主な症状

目に現れる症状

目の疲れ、目の奥が痛くなる、目が乾燥する、目のかすみ、物がぼやけて見える、視力の低下などがあげられます。

体に現れる症状

目の不快な症状を放置していると、首や肩が凝ったり、腕が痛い、だるいなどの症状が起こる場合もあります。慢性的になってくると、背中が痛くなったり、手や指が痺れてきたりすることもあります。

精神面に現れる症状

イライラや不安が強くなることがあります。放っておくと軽いうつ状態になる場合もあるので注意が必要です。


日々パソコンを操作する作業を行っている方は、これらの症状が出ることで、日常生活に支障をきたす場合があります。VDT症候群は目の症状ではありますが、体や心にも影響が出る恐ろしい病気です。

おかしいと思ったら、眼科を受診、作業環境や生活の改善など早期対策に取り組むことをお勧めします。

PAGE TOP