寝る前のパソコンやスマホ操作が目や身体、睡眠に与える影響について

仕事ではパソコンやスマートフォンは使わないものの、仕事が終わってから寝るまでの間にパソコンで動画を見たり、ネットを楽しんだり、寝る直前にスマートフォンでメールをチェックはしていませんか?

日中は周囲も明るいので、パソコンやスマートフォンなどの光が気にならないことも多いのですが、夜になり周囲が暗くなった状態でのパソコン操作は目にとって刺激が強いです。

今のパソコンは、ほとんどが液晶画面になりました。
暗いところでも作業をしやすくするため、また、大量生産に対応できるように発光ダイオードを使用する画面が多くなってきています。

発光ダイオードに多く含まれる青色の光(ブルーライト)というのは、色々な光の中でも特に波長が短く、エネルギーが強いと言われています。そのため、パソコンの画面などでブルーライトを見続けると、目に刺激が強く加わり網膜に炎症などが起きたりすることがあります。

そういった強い刺激を受け続けた目は当然疲れていきます。
また、ブルーライトが強い画面の特徴として、文字や写真がにじんで見えることが多いです。
このにじみをハッキリ見ようとして目がピントを合わそうとするため、目の疲れが起こるとも考えられています。

ブルーライトが睡眠に与える影響

パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトは、実は太陽の光にも含まれています。
そのため、夜にブルーライトを浴びると、体は太陽の光をたくさん浴びたのと似たような状態になります。その結果、自律神経のバランスが崩れ、体内時計もおかしくなってしまいます

睡眠のリズムも乱れ、夜でも眠くならないなど不眠症に陥るというケースもあるようです。

特に注意したいのはスマートフォンや携帯ゲーム機。

夜寝る前に「ちょっとだけ」と電気を消してからスマートフォンや携帯ゲーム機をいじっていませんか?
暗い中では目の瞳孔が開いているため、明るいところよりも目に与える影響は大きいです。その分スマートフォンや携帯ゲーム機から発せられるブルーライトを多く浴びることになります。

睡眠の質は精神面にも大きく影響を及ぼすので、夜、部屋を暗くしてからのパソコンやスマートフォン、携帯やゲームなどの操作はなるべく控えるようにしましょう。

目の疲れと睡眠時間の関係

1日6〜8時間ほど、質のいい、しっかりとした睡眠が取れれば、目の疲れは次第に取れていきます。
では、疲れ目を回復させるために質の高い睡眠時間を得るにはどんな工夫をしたらいいのかを紹介します。

部屋の照度を暗めにする

寝る2時間くらい前から、部屋の照明を少し暗めに設定しましょう。
暗くすることで、眠くなるホルモンが分泌され眠くなってきます。

電球は暖色系の明かりがいいでしょう。
もちろん、この時間からパソコンやスマートフォンを操作するのはやめて、時間ができるようなら読書などをお勧めします。

夕食は早めに、軽く

夕飯が遅いと、膨満感や消化不良などでなかなか寝付けなくなってしまいます。
夕飯は寝る3時間くらい前までにはとるようにしましょう。
脂っこいものや刺激の強いものなどは寝付きを悪くするので、不眠が続いている場合などは避けるようにしましょう。

早起きから始める

どうしても早く眠れないという人は、遅く寝ても早く起きる意識を持ちましょう。
早く起きる習慣を続けていれば、自然に体のリズムも戻り、早めに眠たくなってきます。

また、朝起きたら外に出て30分ほど太陽の光を浴びると、体内時計もリセットされます。


以上のことを試して、質の高い睡眠を心がけるようにしてみてください。
ブルーライトだから体に悪いのではなく、ブルーライトとうまく付き合っていくことが、このIT社会には大切なことなのかもしれませんね。

PAGE TOP